三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 22日

ベルーガ・レンズ豆のラグー Belugalinsen Ragout

この間ここで紹介したグルメ雑誌“FRISCH”に載ってたレシピ。 
フェンネルじゃないんだけど・・・
e0112086_20285860.jpg
チキングリルとベルーガ・レンズ豆のラグー(煮込み)。
一見シンプルなレシピなんだけど、これがかなりな強者。
ちなみにオリジナルはチキンじゃなくて海老のグリルだったんだけど、買い物行くのが面倒だったんで冷凍庫にあったチキンのもも肉で代用。

で、このレシピを強者にしているポイント:
1.ベルーガ・レンズ豆とズッキーニの色のコントラスト。これが海老だと、その赤がまたアクセント。
2.レンズ豆を煮る時に入れるバルサミコとタイムの風味。
3.炒めたズッキーニをライムの絞り汁で調味。
4.レンズ豆、ズッキーニ、チキン(または海老)を別々に調理。

これ、ほんと相当美味しい。
e0112086_20293575.jpg
レンズ豆のバルサミコとタイムが絶妙。
正直、どんな味に仕上がるのか想像もつかないまま作ってみたんだけど、ノックアウト。
この組み合わせって案外私が知らなかっただけで「鉄板」(←最近おぼえた使い方)だったりする? 
そこにライムのほのかな酸味。
いくらでも食べられそうなくらい美味しい。
あと、ちょっと手間と言えば手間なんだけど、3つの食材を別々に調理するっていうのも大事。
私のお宝レシピになりそう。


これだけを早めの夕飯にして陶芸教室へ。
今期始まってから作り始めてるランチョンプレートは、毎回一枚ずつ。
5枚のセットにしておきたいし。

あとプラスチックのピクニック用食器みたいなので型取りしたお鉢。
e0112086_20301112.jpg
ゆる〜い角の正角の口縁。
和にも洋にもっていう雰囲気の器にしたいんだけど・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-09-22 23:20 | 夕飯 Abendessen


<< スイスチャードと呼んで Man...      無花果の季節 Feigen i... >>