三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 16日

羊のホーデン Hoden von Schafen

あんまり枝豆の話しばっかりでもと思ってちょっと休憩してるけど、ちゃんとむくむく育ってる。
また時々写真アップしてみるけど・・・。

で、今日はトマト。
e0112086_2183661.jpg
やっと一つ色づいてきた。
今年は春からずっと比較的穏やかにきてるおかげか、かなり育ちがいい。
e0112086_219380.jpg
でも途中まで赤くなってたのに、急に寒くなって腐ってしまった年もあったしな〜。
e0112086_2192351.jpg
なんとかこのまま寒くならずにいて欲しい。

さて、お義母さんがお昼寝している間、お肉類を買い置きしておこうとぺーさんに車出してもらってトルコスーパーへ。
そしたら、ペーさん、お肉売り場のショーケースで見たことないもの発見。
5、6cmの小判型にスライスしてある白い物体。
なにかの「もつ」だろうけど、なんだろ?と店のお兄ちゃんに聞くと・・・「羊のHoden:ホーデン。」
私は知らなかったんだけど、日本でもホルモンの世界ではなぜだかドイツの語の「ホーデン」で呼ばれたり「タマ」って言われたり・・・。

「どうして食べると良いの?」とさらに聞くと、「そのまま焼いて塩胡椒。」だって。
二人でちょっと躊躇してたら「ほらっ。」とお兄ちゃんが爪楊枝に刺した一切れを。
お客さんへの味見のためか、焼いたのを準備してある。
うん、臭みも何もなく、ぷるんとした食感。
イケるんじゃない?

既にスチロールのお皿に並べてラップで包んであるのをお買い上げ。
レジで、私達の後ろにいたドイツ人のおばさん、「これ何ですか?」
「羊のホーデンですって。」と応えると、一瞬絶句。
でも「一見『脳』かな〜と思ったんですけどね。・・・まぁ似たような時もありますけど・・・。」っていうペーさんの冗談にちゃんと反応してたし・・・。


・・・ってことで夕飯の前菜に。
e0112086_21112519.jpg
ホーデンと平茸のガーリック風味焼き
e0112086_21114966.jpg
バゲットの上にのっけて・・・
e0112086_21121010.jpg
こういう時は黒塩とかアドリア海の塩の花とかをぱらぱらっと。
多分いつでも手に入るわけじゃないだろうけど、また見かけたら欲しいな・・・くらい美味しい。
今度は韓国風のたれとかでいただいてみたい。

トルコ市場でやっとみつけた皮付きとうもろこし。
早速冷製コーンスープ
e0112086_2112484.jpg
甘い!

そしてメインはハンバーグステーキ タイム風味トマトライス添え
e0112086_21131657.jpg
今日もちゃんとジューシーに焼けて満足。
カクテルトマトを炒めてピラフの要領で作ったトマトライス。
これ、美味しい!

デザートはパイナップルのキャラメリゼ ライム風味
e0112086_21135584.jpg
バルセロナのタパス・バーInopia:イノピアのをちょっと真似っこ。
お店ではさとうきびのシロップとかいうのがかけてあったんだけど、そのかわりにブラウンシュガーをまぶしてバーナーでキャラメリゼ。
ライムの皮のすりおろしをふりかけて。
パイナップルはもう少し熟してても良かったかな〜っていう加減だけど、でもその甘酸っぱさにかりかりの砂糖、ライムの爽やかさ、バツグンのハーモニーだね。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-07-16 23:02 | 夕飯 Abendessen


<< 感動!voller Ergri...      サラダ・バー Salat-Bu... >>