三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 09日

完熟収穫トマト die reif geerntete Tomaten

6月9日(木)


これぞマーケティングってのをみつけた。
e0112086_19154011.jpg
近所のスーパーなんだけど、真っ赤で、触ってみても柔らかくて熟れ熟れ。
柄のところに引っ掛けてある札には「ドイツで完熟収穫」!

言うまでもなくドイツでも一年中トマトが買えるけど、たいていはオランダ、スペイン、イタリア産。
それから最近時々モロッコ産とか言うのもみかける。
でも最近ドイツを騒がしてるEHEC(腸管出血性大腸菌)事件で一時期北ドイツ産のトマトも犯人扱いされてたけど、国産トマトってのも結構ある。

消費者としては「やっぱり太陽をたんまり浴びた南欧産でしょ。」っていう意見や、「やっぱり国産よ。」ってのがあるみたいで・・・。
ただ「確かに南欧産の方が太陽をたくさん浴びてるかもしれないけれど、たいていはまだ熟していないうちに収穫されてて結局は特別美味しいわけでもない。」って考える人も増えてるみたいで。
なら国産で、しっかり熟した状態で収穫し近場に出荷するっていう地産地消のコンセプトがBIO(有機・自然食品)ブーム、あと地球温暖化抑制のコンセンサスとも一緒になって広がっているみたい。
そこでこんな札をつけてみたってことだろうね。

早速タリアテッレ カポナタ風ソース グリル・チョリソのっけのソースに使ってみたんだけど・・・。
e0112086_19162474.jpg
本当に美味しいんだかどうか、あんまり分かんないね。
これは冷やしトマトとかでそのものの味を試してみないと・・・。

実際美味しかったのはチョリソ。
e0112086_19164199.jpg
あえてソースと一緒に煮込まなかったのは、こないだのバーベキューで焼いたのがすごくジューシーであまりにも美味しくて、同じようにグリル状態でまた食べたくなったから。
一口サイズに切って、滲み出る肉汁(チョリソ汁?)もパスタにからめていただく。
旨!
でも正直一人一本はちょっと多かったかも・・・。

一緒にテーブルに並べたのが野菜スティックと・・・
e0112086_1918043.jpg
ディップ二種。
e0112086_19182011.jpg
オリーブ入りツナマヨ自家製ハーブ入りトマトジャムと山羊のクリームチーズ
ツナマヨはオリーブを細かく刻んで加えただけでぐっと味に深みが出る。
トマトジャムと山羊のクリームチーズの組み合わせもバツグン。
ロサのところで出してもらってすっごく美味夕方しかったんで早速買ってきたオリーブ入りクラッカーにのっけて。
e0112086_19184488.jpg

デザートは今朝市場で買ってきたサクランボ。
e0112086_1919065.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2011-06-09 23:10 | 夕飯 Abendessen


<< パスタの生地 Teig für...      ハイビスカス一輪 eine e... >>