三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 01日

リヌムでイノシシ・バーベキュー Wildschwein-Grill in Linum

6月1日(水)


私が毎年いろんな種類のかぼちゃを買っているLinum:リヌム(ベルリン近郊の町)の農家バウアーさん。
「友達がイノシシを仕留めてきてバーベキューパーティーするんだけど、一緒に参加する?」と誘ってくださった。
去年の秋も一度別のイベントに誘っていただいたんだけど都合が合わなくて断念。
今回は万障繰り合わせて参加。
・・・って、明日は祭日なのに特に予定もなかった私達、ペーさんもちゃんとワインを楽しめるようバウアーさんの隣のペンションにお部屋も予約。

夕方ペーさんの会社の近くで落ち合って、そのままリヌムへ。
・・・で、やってきました、こちら・・・
e0112086_214962.jpg
料理担当はバウアーさんの友人で小さなレストランのオーナーシェフ。
場所はそのレストランの隣、これまたバウアーさんの友人の方所有の馬屋と倉庫にかこまれた中庭。
e0112086_21494777.jpg
午前中の雨はどこへやら、
e0112086_2150719.jpg
真っ青な青空が広がっていて絶好のバーベキュー日和。
馬屋の裏には牧場と畑が広がってて・・・
e0112086_21503331.jpg
サクランボが色づき始めてる。
e0112086_21505446.jpg

皆さん揃ったところでシェフの挨拶。
e0112086_21512011.jpg
イノシシを射止めてくださった方、場所を提供してくださった方なんかが紹介されてパーティーの始まり。
e0112086_21514171.jpg
サラダ・バーではシェフのお嬢ちゃん(多分)がお手伝い。
e0112086_2152489.jpg
イノシシの焼け具合を確認して・・・
e0112086_21522311.jpg
「さぁ、写真撮りたい人は速くね〜。重いんだよ、これ!」

25Kgあった若イノシシ。
e0112086_21525782.jpg
シェフが食べやすく切ってサーブしてくれる。
e0112086_21532011.jpg
てかてかに焼けたお肉。
e0112086_21534211.jpg
臭みも何にもないけどじわっと口に広がる美味しさ。
かりっかりに焼けたあばらの周りも旨々。
ドリンク・バーから私達が選んだのはリオハのConde de Valdemar。

バウアーさん以外は初めて会う人たちばっかりだったけど、おしゃべりもはずんでいるうちに日が暮れ始める。
e0112086_21541512.jpg
デザートにはベイクドチーズケーキとアーモンドケーキ。
e0112086_21544062.jpg
特にアーモンドケーキがふわっふわ!

さすが日が暮れ始めると気温もどんどん下がってくる。
一応薄手のウールのセーターは持っていってたんだけど、それでも肌寒くなってきた。
e0112086_21551642.jpg

焚き火を囲んでおしゃべりはまだ続く。
e0112086_21554638.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2011-06-01 21:41 | 外メシ ausser Haus


<< リヌムの農園とルッピナー湖畔 ...      アジア的 asiatisch >>