三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 22日

ピッツァ生地の新レシピ neues Pizza-Teig Rezept

週末お義母さんのところに行ってたペーさんが帰ってきて、その間使ってなかった車を借りてた息子君が返しがてら夕飯も食べて泊まっていくと。

以前から気になってたこの方のピッツァ生地。
なんでもビールを混ぜてイースト菌を活発に醗酵させるんだって。
ただしばらくアレルギーで手ががさがさになってたから、こういうしっかり捏ねなきゃいけない生地ものからは遠ざかってたんだよね。
でもこのところ手の肌の調子もいいし、息子君が来るんならと挑戦。

ところが、昨日買っておいた生イーストをぬるま湯で戻すところからなんか元気がなさそう。
何となくいやな予感はしたんだけど「ビールの力でなんとか・・・」と期待しながら捏ね捏ね。
焼き上がったのが・・・
e0112086_16122971.jpg
ドライマジョラムと岩塩
e0112086_16125992.jpg
これはピッツァというより最初のおつまみスナック感覚だから、ぱりっと焼き上がっていいんだけど、それにしてもやっぱり何となく違うんだよね〜。

2枚目。
モッツァレーラと生ハム ルコラのせ
e0112086_1613204.jpg
これはスライスしたモッツァレーラがたっぷり敷き詰めてあるから生地はしっとり。
でも縁のところがぜんぜん膨れてない。

3枚目。
海老とグリーンアスパラ
e0112086_16135414.jpg
ここにきてやや膨れた感じ。
でも私のイメージする、表面がかりっで生地自体はもっちりした食感っていうのにはほど遠い。

最後のはグリル野菜とラムミンチ
e0112086_1614178.jpg
生地にはお気に入りのGranoro:グラノロ社のセモリナ粉も混ぜてあって味自体は悪くないのに、やっぱり違うんだよねピッツァとは。

何が原因なのか色々考えるんだけど、まずもともと生イーストが元気なかった気がする。
2つ目に、醗酵時間がもう少し長い方が良かったかも。
レシピには「最低2時間、できれば6時間ぐらい」と書いてあったんだけど、実際私が冷蔵庫においておいた時間は5時間ぐらい。
最後にオーブンの火力の問題。
今までも何度もピッツァを焼いて、上手くいったことの方が少ないんだよね。
それって醗酵のさせ方に問題があるのかな〜と思っていたんだけど、このところさらに古くなってきてパワーダウン気味のオーブンのせいかも・・・って気がしてきた。
強い火力で素早く焼くってのがイタリア風ならしいし・・・。
まぁでも、4枚目のにのっけたアーティチョークも美味しくて全体的に味的には問題なかったし、お腹も満足。

食後はこの間ペーさんがレンタルビデオ屋さん(未だに”ビデオ”って言ってしまうよね、実際はDVDなのに)でレジの横のワゴンにあった中古DVDの中から見つけて買ってきた映画“ノウイング”を観賞しながら・・・
e0112086_16144668.jpg
映画館みたいにMagnum:マグヌムの棒アイス。

ノウイング


ニコラス・ケイジってルックス的には好みじゃないんだけど、役者としては結構好きな作品がいくつかある。
でもこの“ノウイング”はハズレだったかな〜。
なにより「なんでそうなるの?」「あれはどうなったの?」って思わされるところがいくつかあって、脚本の詰めが甘い気がする。
そうなるともう面白くなくなってしまうんだよね、私って。
しかもノアの方舟的あのオチはどうなの?だよな〜。
VFX映像の飛行機墜落事故や地下鉄衝突事故場面は確かに迫力合ったし、男性陣は面白かったって言ってるんだけどね。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-05-22 23:06 | 夕飯 Abendessen


<< ジュネ・ワールド die Je...      意外にハマり役 eine un... >>