三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 15日

日本のカバレティスト? japanischer Kabarettist?

3月の話しだけど、ペーさんの誕生日に息子君は一緒に観に行くKabarett:カバレット(単語的にはフランス語のキャバレからきている)のチケットをプレゼント。
ドイツ語でいうカバレットって日本語的にいうと演劇場みたいなところでシャンソンを聴かせたり、バラエティ、コメディ・ショーをやること。
息子君が選んだのはMartin Buchholzというベテランのトーク・カバレティスト。

今日がその日で7時の開演に間に合うよう5時ごろに夕飯。
グラン・フリッジ すじ肉のボロネーゼソース
e0112086_16233649.jpg
でっかい螺旋状パスタには圧力鍋で煮込んだすじ肉を使ったボロネーゼソース。
濃厚な旨味。

これをメインにその前にはアンティ・パスタをいろいろ。
グリーンアスパラのソテー・・・
e0112086_1640975.jpg
茄子のグリル・・・
e0112086_1645281.jpg
マッシュルームのガーリック風味
e0112086_16503935.jpg
そして人参とズッキーニのシシリア風
e0112086_16541123.jpg
人参とズッキーニのシシリア風は気に入ってるイタリアンのレシピ本に載ってた一品。
白ワインビネガーと蜂蜜で甘酸っぱいところにミントたっぷりで爽やかな仕上がり。
暑い夏の日にぴったりそう。

それにしてもワインなしでこの献立はちょっと寂しかった・・・。

デザートも用意してあったんだけど時間がなかったから、カバレットから帰ってきて話を聞きながら・・・
苺とミントのフルーツサラダとバニラアイス
e0112086_170292.jpg
フルーツサラダはブラウンシュガーとライムの絞り汁でしばしマリネ。
ミント、ライム、ブラウンシュガーの組み合わせって大好きなカクテル、モヒートもそうだけど、ゴールデンコンビだね。

ちなみに、ペーさんにそのカバレティストの話を聞いてたらこんな人を思い出した。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-05-15 23:47 | 夕飯 Abendessen


<< ランドヴェア運河沿い Land...      テルモ・ロドリゲス Telmo... >>