三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 14日

テルモ・ロドリゲス Telmo Rodrígues

ちょっと買い物があって行ってきたGlobetrotter:グローベトロッター。
多分ドイツで一番大手のアウトドアー・登山用品の専門店。
目的の物を見に行く前に、久しぶりなんで広い店内をちょっとぐるっと一回り。
そしたら・・・
e0112086_15512221.jpg
店内にプールなんかができてる!

ベルリンってシュプレー川やいくつもの運河、そして湖も沢山あって、水面積の割合がベニスよりも多いらしく、実は密かに水の都。
きっとカヌーとか買う人も結構いるんだろうね〜。


そんなことはさておき、夕飯。
早々にワインを開けてまずはこんな物をつまんで・・・
e0112086_15514682.jpg
日本のお土産、期間限定商品「桜えび」と「信州本わさび」味のポテチ。
なかなかこういうもの食べる機会がないから、今日みたいにちょっとのんびりした時のアペリティフに。

どちらもカル○ーの商品で、「桜えび」の方は要はかっぱ○びせんの味なんだけどね。
桜えびを材料に使って、季節の桜とかけてある。
ポテチの方は一見普通のチップスだけど、わさび、結構きいてる。
鼻につ〜んってのが好きなペーさんにと従妹がスーパーで探してきてくれた。

で、ワインはこちら・・・
e0112086_1552554.jpg
私にとっての初Telmo Rodríguesテルモ・ロドリゲス。

テルモ・ロドリゲスはスペインワイン界の「新星」「異端児」とかいわれるワイン生産者。
スペインワインが好きだとか言いながら今頃初めて彼のワインを飲むっていうのもちょっと恥ずかしいくらいなんだけど・・・。
物はRueda:ルエダ(白ワインで有名なスペインのワイン産地名)のverdejo:ベルデホにViura:ビウラとソーヴィニョン・ブランを加えたもの。
このところベルデホにハマってる私達だし・・・。
確かに一般的に言われているようにエレガントなワインでトロピカルフルーツの香りに控え目な酸味。
・・・なんだけど、私達はやっぱりベルデホ100%のQuietusの方が好きかな〜。
まぁ、好みの問題だよね。

テルモ・ロドリゲスのワインではちょっとかわったところでGaba do Xil Godelloというのも買ってある。
Valdeorras:バルデオラスという聞いたこともなかったガリシア地方の産地の、これまた初めて聞いたgodello:ゴデリョという葡萄種。
ある意味非常にテルモ・ロドリゲスらしいワインかもしれない。
どんな料理と合わそうか機会を狙っているところ。
因にこのGaba do Xilの銘柄でMencía:メンシア種の赤もある。
それも行きつけのワイン屋さんで次回購入予定。

さて夕飯の方はパスタサラダ
e0112086_15533382.jpg
このパスタ、ちょっと面白い形をしてるけど「バレリーナ」なんて名前が付いてる。
e0112086_15535027.jpg
茹でる前はこんな感じ。
e0112086_1554107.jpg
トルコスーパーで売ってた安物のトルコ産パスタだけど、これがかなり美味しい。
ベルリンに来て間もない頃「これだけ安ければハズレでも良いや・・・」と思いながら買ってみたトルコ産パスタだけど、その辺の下手なパスタより断然美味しくて時々おもしろい形のを見つけたら買ってるんだけど、これは初めてのメーカー。
意外だね、トルコ・パスタ。

メインはアンコウの頬肉グリル 野菜のソテーのベッド 柚子胡椒ソース
e0112086_15544010.jpg
一応テルモ・ロドリゲスに敬意を表し奮発したアンコウの頬肉。
ぷりぷりでほんと美味しい。

デザートは洋梨と苺のオーブントースター焼き 山羊クリームチーズのトッピング バニラ風味のバルサミコ
e0112086_1555742.jpg
苺があんまり甘くなかったんだけど加熱することで多少なりとも甘みを引き出した感じ。
甘み、酸味、そしてチーズのほのかな塩気。
結構好きなんだよね、こういうハーモニー。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-05-14 23:59 | 夕飯 Abendessen


<< 日本のカバレティスト? jap...      ミント丼 Reis mit M... >>