三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 14日

素人考え? Amateur Gedanke? 

3月14日(月)


福島原発の冷却装置が機能しなくなっているというニュースを、ドイツでも既に11日から断続的に組まれているのテレビ特別番組で初めて聞いた時、なんの根拠もないけれどいやな予感がした。
確かにこちらでは早くから炉心溶融(メルトダウン)の可能性が取りざたされ、ちょっとセンセーショナルに扱い過ぎてるかなと思わなくもなかったけれど。
でも原発や、放射能に無知な私でも、あるいは単なる素人考えなのかもしれないけれど、オイルタンクを失って、電気系統にトラブルが起きれば(←私の理解範囲。正確な表現かどうかは確信なし)安全装置などの計器が正常に働かなくなって、その設備が保有している放射能が漏れるじゃない?と思うんだけれど・・・。
それとも専門家にはそんなことは起こらないという見解があったんだろうか?
誰も事態の悪化など想像したくもないし、現場の状況を収拾するには東電とその関連会社の方々に頼らざる終えないけれど、政府がそれを冷静に判断し対策をとらず誰がやるの?

時々覗いているとある方のブログに興味深い引用があった。
かの事業仕分けの時、民主党蓮舫氏の「いつくるかわからない天災の予算は無駄」という発言があり(私自身で裏はとっていない)、最終的に廃止された防災対策事業がいくつか。
これが現政府の基本的な考え? 
基本的な考えと言えば、管さんは2004年10月23日に本人のサイトで「新潟で地震。あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか?」っておっしゃったらしい。


色々考えてて、夕飯の献立のアイデアがなんか貧困・・・。
ニュルンベルグソーセージ入り蕪のスープ
e0112086_20262633.jpg
正直言ってドイツのソーセージ類ってあんまり好きじゃない私なんだけど、このニュルンベルとチューリンゲン(共にそれぞれのソーセージが作られる地方の名前)は時々食べたくなる。
ハーブと香辛料がきいているソーセージをこんがり炒め、蕪と水を加えて煮るだけ。
葉の部分は火を止める少し前に放り込む。
ちゃんと旨味が出たスープ、なかなかいける。

ほうれん草とラムミンチのエンパナーダ
e0112086_20274999.jpg
エンパナーダってスペインやポルトガル、そこから中南米にも伝わった一口パイみたいなスナックぽい食べ物。
今日は手間を省くためにでっかく焼いて半分こ。
バルセロナ在住者だった私達、ほうれん草とくればレーズンと松の実もしっかり具に混ぜてある。
付け合わせにはサラダと、パイ地がぱさぱさするかも?とソース代わりにアマニ油をかけたカッテージチーズ。
でも中はジューシーで問題なし。
アマニ油かけたカッテージチーズもそれはそれで美味しかったけど・・・。
ちなみに突拍子もないこの組み合わせ、オステオパシーの先生に勧められたダイエット食(痩せるためじゃなくて、健康管理が目的)。

デザートはバニラアイスとオブレア
e0112086_20282475.jpg
メキシコのお土産、山羊ミルクで作ったCajeta:カヘタ(ミルクジャム)をオブラートみたいなのでサンドしてある。
美味しいんだけど甘いんだよね〜。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-03-14 23:09 | 夕飯 Abendessen


<< ユーストリーム Ustream      クロッカス Krokusse >>