三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 27日

古〜いカセットテープ eine alte Musikkassette

ラッキーにもミーティングがキャンセルになって予定より1日早く出張から帰ってきたペーさん。
時差のあるところから日曜日の夜帰ってきて、翌朝出勤てのはちょっとしんどいところだったけど、これで今日一日ゆっくりできる。

お天気も良かったんで昼過ぎにちょっと散歩。
そしたら私達が出かけるのをまってたみたいに急に雲が広がり出した。
まぁもともと天気予報では雪が降るかもって言ってたくらいだから、これでも良しとするか。

こんな時はあったかい家の中でのんびり映画でも・・・と帰りにDVDを一本借りてきた。
“The Fabulous Baker Boys”(邦題:恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ)。

恋のゆくえ ファビュラス・ベーカー・ボーイズ


むか〜し(この映画発表された頃)、映画好きの友達が「これ、良いよ。」と言ってサントラLPをカセットテープにダビングしてくれた。
そのカセットは今でも手元に持ってるんだけれど、長い間すっかり忘れてたのをこの間棚の整理をしていて発見。
そういえばこれ、映画もみたいと思いながら結局まだ観てなかったんだ・・・。

サントラはもうさんざん聴いてるから音楽はほとんど聞き慣れたものばかりだけど「あぁ、この曲、こんなシーンで使われてるんだ〜。」ていう楽しみ方。
ミシェル・ファイファーといえばあとは“恋のためらい/フランキーとジョニー”でぐらいしか知らないんだけど、歌ってる姿ももとより歌自体もちゃんときかせるんだよね。


それにしても今に始まったことじゃないけどこの邦題、やっぱり違うと思うんだけど。
確かにミシェル・ファイファーとジェフ・ブリッジス演ずるところの男女のロマンスもあるけれど、本筋はあくまでもピアニストの兄弟「ベイカー・ボーイズ」二人の生き様と関係でしょ。
でもまぁ、そんなことはこの映画の良さ、音楽の良さには関係ないし・・・。
カセットテーブがもうそろそろ伸びかけてきてるから、今度CD買おうっと。


さて夕食は、ペーさんのリクエストでスパゲティ。
うまい具合いに昨日アジアスーパーで買い込んできた茸3種がある。
それにマッシュルームも加えてチキン入り茸スパ アジアンテイスト
e0112086_17415086.jpg
茸いっぱいとはいえど結構な量だね・・・。
昨日のフォーに使った出汁をとった鶏骨付きもも肉の身を割いて一緒に具にする。
茸はエリンギ、平茸、しめじ。
これってこっちでは(我が家的には)結構贅沢。
味付けはナンプラーで、香菜と葱を天盛りに。

あとこれもペーさんが好きだしと買ってきたカイランのニンニク風味炒め
e0112086_17421610.jpg

それからまだ少し残ってた鶏出汁でレタススープ
e0112086_17423385.jpg
最初に葱と人参を胡麻油でさっと炒めたところに出汁を入れて作ったけど、レタスは火を止める直前に加えてしゃきしゃき感を残す。

食後は・・・
e0112086_17425598.jpg
こんなものをかりかりやりながら映画。
こっちでネスレが出してるチョコフレークまがい。
e0112086_17431774.jpg
ちっとも♬風のようにか〜るい。ピポピポ!♬(←もう誰も知らない?)ってこともないんだけど、それなりにさくさくってする。

そんな感じでのんびりな夜。
一杯いかが・・・とペーさんはお気に入りのジントニック。
e0112086_1743363.jpg
一昨日一人で飲んでたことは内緒で、私はまたジンライム。
今日はちょっとだけトニックで割って。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-02-27 23:33 | 夕飯 Abendessen


<< ストウブの練習 üben mi...      ベルリンのワイン見本市 Wei... >>