三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 25日

新作ロールキャベツ neue Kohlroulade Rezept

ストウブお試し第二弾。

あの後ちょっといろんなレシピをググってみたんだけど、同じ鋳物ホーロー鍋でもルクに比べたらあんまりヒットしないね。
それでもストウブで作るお料理レシピブログなんかもあったりする。

今日はキャベツが食べたくて、回鍋肉からキャベツ入りミンチカツまで色々考えを巡らせてたんだけど、ふと「ストウブの日本語サイトにロールキャベツのレシピがあったような・・・」と。
見てみると確かにロールキャベツはあったけど、使うストウブはタジン型。
まぁ、なんとかなるでしょと16cmのピコ・ココットで早速お試し。

要は最初にキャベツをこんがりさせて、トマトやクリームなんかでソースを作るんじゃなくて、レモンでさっぱりとがポイントと判断。
あとおもしろいな〜と思ったのは挽肉の他にお米や松の実が入ること。
松の実入れるなら・・・と我が家的にレーズンも。

ちなみに16cmココットでも挽肉200gにお米1/4カップ使ったごろんとでっかいロールキャベツが2個できた。
e0112086_1733254.jpg
片方はキャベツが破れちゃってるけど、そこはお愛嬌。
ピコ・ココットの焼きロールキャベツ アンチョビ風味
e0112086_1735419.jpg
付け合わせはパスタ人参のタイム風味炒め
ピーラーでパッパルデッレみたいにした人参を、ガーリックの香りを移したオリーブオイルでさっと炒めながらドライのタイムをぱらぱら。

さて出来上がりは・・・おぉ〜、いい感じ。
e0112086_1784318.jpg
ナイフ&フォークの感触はふわっとしてるけど、食べてみるとお米が入ってる分結構もっちり。
タジンで作るレシピの方はキャベツがもっとこんがりしてて「シャキッとした食感が残る」ってことらしいけど、私のはサイズがでっかかったから調理時間も長くしたら「シャキッ」はなかったけど・・・。

でもこれ、今までのロールキャベツとは目先も変わってなかなか良い。
何しろほんとあっさり。
思わずもう一つ食べれそうだったし・・・。

ちなみにレシピにはなかったんだけど、私はタネにマスタードを少々、それから焼き目を付けて白ワインを加える前にアンチョビを3切れほどほりこんでみた。
私はアンチョビ風味気に入ったけど、これは好みによるかも・・・。

あとはサラリコとマッシュルームのサラダ かりかりベーコンのホットドレッシング
e0112086_1775410.jpg
サラリコ(Salarico)とは最近ベルリンで出回っているスペイン産新種のレタス。
なんでも日本で言う普通のレタスとロメインレタスをかけ合わせたんだって。
前回買ってきたのはもっと緑が薄くって柔らかい葉だったのに、今日のは緑も濃いし結構ぱりぱりしてる。
こういうレタスならホットドレッシングがいいかな〜と。
サラリコ自体のお味と言えば、う〜ん、あんまりどうってことない・・・というか、あんまり味がない。
スペインと言えどもこの時期やっぱりハウス栽培?





お友達のブログで金柑ジントニックなんかを飲んでらっしゃるのを見てしまった。
e0112086_17103643.jpg
金柑がないから私はライムで。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-02-25 23:50 | 夕飯 Abendessen


<< ベルリンのワイン見本市 Wei...      たかが流行歌、されど・・・ D... >>