三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 21日

ピコ・ココット La Cocotte

1週間前の話し。
13日の深夜、時差のあるところに出張しているペーさんと電話で話してたら「あっ、そっちはもう14日になったね。ベッドの下覗いてみて。」と。

自分は留守だけど、バレンタインのプレゼントを仕込んでおいたみたい。
e0112086_2285781.jpg
Staub:ストウブのピコ・ココット。
一時は「いつかル・クルーゼを・・・」と思ってたんだけれど、その後ストウブを知って心変わり。
この黒光り感に惚れてしまった。
でも自分で買うには贅沢かな〜と、誕生日とかにプレゼントしてもらえるようにさりげな〜くペーさんにアピールしてたんだよね。
でもバレンタインにとはちょっとはりこんでくれたかな〜。

サイズも径16cmと二人暮らしには使いやすい。
こっちではお鍋なんかも大き目だから20cmでも小さいくらいなのに、よく16cmのなんて見つけてきたな〜て感心。

ペーさんが帰ってきたら「何か作ってみてよ。」とか言われそうなので、その前にちょっと試しに・・・
e0112086_2210010.jpg
チキンのトマト煮 タイム風味

最初火加減をセーブし過ぎたみたいでちょっと時間がかかってしまったけど、水分を一滴も加えずに(トマトに結構な水分があるとはいえ・・・)まるでスープ煮のよう。
味にこくが出るかな・・・とソブラサダ(マヨルカ特産のパプリカ入り腸詰めの一種)を一切れ加えてみたら、少なくとも煮汁は塩胡椒なしで大丈夫なくらいしっかり味がついてる。
で、具の方。
e0112086_22105080.jpg
野菜がどれも甘い!
甘過ぎて少しお塩を少しふったくらい。
チキンはモモのぶつ切りで肉の骨離れはいいんだけど、なんかジューシーさにかけるような・・・。
タジンとかレーメルトプフで煮た時はもっと美味しかった気がするんだけど・・・。
レシピもよく探さずに適当に作ったのが悪かったかな〜。
ストウブにはストウブにあった調理の仕方っていうのがあるだろうから、ちょっと調べてみないと。

あとビート芋とニシンの油漬けのサラダ
e0112086_22113878.jpg
ホースラディッシュをきかせてマヨネーズで和えてある。
ちょこっとフレッシュなディルが欲しかったところだけどドライで我慢して。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-02-21 23:02 | 夕飯 Abendessen


<< 春の気配 Frühling S...      ベルリナーレ最終日 トルティー... >>