三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 09日

マーミナー Mungsprossen

今晩の一人メシ、明日の陶芸教室の後の遅い夕飯、どちらも和のご飯が良いな〜とアジアスーパーをのぞく。
久しぶりにおいてあった春菊(まがい)。
こないだからお鍋にと探してたんだけど見かけてなかったんだよね。

あと濃〜い緑が生き生きとしてて美味しそうだったゴーヤ。
思わず買ってしまった。
それじゃってんでもやしも買ってチャンプルーでも作ろう。

ところがこのもやし、以前は山盛りにしてあるところから好きなだけビニール袋に入れられる量り売りだったのに、今日は既になんと500gぐらいの袋詰めになってる。
今日行ったアジアスーパーはうちの近所の小さなお店だけれど、そういえばこの間行ったベルリンに数軒展開しているチェーンのお店もそうなってた。
1kg=1ユーロとお安いから500g買わされても50セントでたいしたことないんだけれど、もやしって足が速くてすぐ傷むでしょ。
結局捨てなきゃならなくなるのが気になるんだよね。
でもまぁ、そんなことをぶつぶつ言っててもしょうがない。

500gのもやしを買ってきてマーミナーチャンプルー
e0112086_16555733.jpg
ちょっと調べたんだけど、沖縄の言葉でもやしのことをマーミナーっていうみたい。
あとは黄色人参に葱と豚こま。
お皿の都合でちょこっとだけ盛り付けてあるけど、一応これがメインのおかずでたっぷり作ったからお代わりしたし。

それからさやいんげんの天麩羅
e0112086_16564937.jpg
私的にはさやいんげんというと天麩羅。
黒塩をつけて。

あと春菊の胡桃和え
e0112086_1657974.jpg
ローストして香ばしさと甘みの出た濃厚な胡桃に、ほんのり苦みの春菊がよく合う。
これ松の実でも美味しいよね。


食後はペーさんが帰ってくるのを待ちながら動画で“赤い指”を。

赤い指

東野 圭吾


東野圭吾原作、加賀恭一郎シリーズのドラマ化。
去年連ドラでやってた“新参者”も追っかけて観てたんだけど、その続編? 
でも時間的には赤い指の方が先だよね。

そんなことはともかく、ついこの間やっぱり東野圭吾原作の連ドラ“幻夜”を見たり、ベルリナーレ(ベルリン映画祭)で観にいこうと“白夜行”を下調べしたけど、同じ作家の作品とは思えないね。
じっくり原作を読むとまた印象が違うのかもしれないけど・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-02-09 23:51 | 夕飯 Abendessen


<< “リッター・スポーツ”チョコ ...      ミージアのライブ Misia ... >>