三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 27日

“魔笛” "Die Zauberflöte"

2010年12月27日 


何もいらないというお義母さんへのクリスマスプレゼントにしたDeutsche Oper Berlin:ベルリン・ドイツ・オペラのチケット。
7時半の開演前にうちで軽く摘んで。

お義兄さんの手土産の鴨のレバーロールと腸詰めの盛り合わせ
e0112086_20324526.jpg
この腸詰めがただものじゃない。
この間バルセロナからいらしたsidoredoさんがお土産に持って来てくださったレストランEls Casalsの自家製フエッとロンガニサ。
真空パックしてあったから、クリスマス用に取ってあった。

あと一緒に入ってたソブラサダはオーブントースターで少しあぶって黒パンにのせ蜜房を添える。
e0112086_2035715.jpg
このソブラサダに蜂蜜ってのはEls Casalsのオリジナル。
ここでは美味しいソブラサダが手に入らないのでチョリソとかで誤摩化してたんだけど、やっと本家本元のソブラサダで再現。

こっちはやっぱりお義兄さんのお土産、鴨のリエット
e0112086_2036074.jpg
チーズの盛り合わせとかも・・・。
e0112086_20363881.jpg
あとハルミチーズのサラダ
e0112086_20372079.jpg
もちろんハルミチーズはこんがり焼いて、胡桃をトッピング。

こんなつまみだとワインが進むんだけど、あんまり飲んでオペラの途中で眠くなってもいけないし・・・。

さて、ベルリン・ドイツ・オペラ。
e0112086_20374481.jpg
演目は“魔笛”。

私は初めてだったんだけれど、“魔笛”といえばクリスマスの定番レパートリーだし、何となく子供向きの楽しいオペラとばかり思ってたんだけど・・・。
いろんなバージョンを観たことがあるらしいお義母さん曰く、パパゲーノがかなり楽しいキャラに表現されてたみたいだけれど、それを差し引いてもたしかに他のオペラと違ってやや大衆演劇的な雰囲気がないでもない。
一番印象的だったのはボーイソプラノの童子たち。
観客みんなも同じ思いだったのかカーテンコールではこの少年たちに惜しみない拍手。

幕間にラウンジに出た時、降り始めていた雪。
終わって外に出たら・・・
e0112086_20382452.jpg
一面銀世界。
ほんの2時間ほどですごい積雪。
e0112086_20384417.jpg








帰ってきてそのまま素直に寝られる私達じゃない・・・
e0112086_20405227.jpg
日本なら屋台のラーメンでも食べて帰ってくるところだけど・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-12-27 23:25 | 夕飯 Abendessen


<< どか雪 Schneechaos      タジキスタンっぽく einig... >>