三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

タパスでわいわい Tapas-Abend

メキシコに駐在しているペーさんの会社の人が出張でベルリンに。
彼のフィアンセと一緒に4人で会ったこともあってすでに気心が知れている私達。
一晩予定を開けておいてもらってうちで夕飯。

前回はちょっと和風でおもてなししたので今回はスパニッシュ・ナイト。
e0112086_16485173.jpg
週も始まったばかりなのであんまり夜が遅くならないようにと、コースではなく最初にタパスをいろいろ並べることに。

まずはバルセロナで買ってきたオリーブ、アルベキーナ種。
e0112086_16501157.jpg
「これ、日本産オリーブ?」と彼。
「ははは・・・、小さいけど日本産じゃなくてカタルーニャ産。」

人参のトルティージャ
e0112086_1651444.jpg
じゃがいもで作るのが定番だけれど、ちょっと目先を変えて人参にヒマワリの種とかぼちゃの種を混ぜて。

ポロネギのオーブン焼き ロメスコソース
e0112086_16515091.jpg
これもカタルーニャの郷土料理calçots:カルショッツのまがい物。
彼もバルセロナに住んでたことがあるから知っていて「お〜、カルショッツ、久しぶり!」

デーツとベーコンのパイ
e0112086_16522562.jpg
フィンガースナックとしてポピュラーなデーツのベーコン巻きをパイ地に包んで焼いてみた。

海老のレモン&チリマリネ焼き
e0112086_1761052.jpg
ガーリックもしっかりきかせて。

ボンバ・コロッケ
e0112086_16525730.jpg
ボンバってスペイン語で爆弾のこと。
バルセロナのタパス・バー“Inopia”の真似っこ。
じゃがいもと挽肉を混ぜずに、挽肉をマッシュポテトで包んで揚げてある。

こちらもバルセロナのバール“Pinoxo”のレシピでヒヨコマメとブラッドソーセージ
e0112086_16574423.jpg
5月に行った時にシェフ直々に教えてもらった隠し味を使って。

タパスのとどめはラムチョップの岩塩焼き
e0112086_1658121.jpg
オーブンから出したところを見てもらってから・・・
e0112086_16584974.jpg
私的にはちょっと焼き過ぎたかな〜って加減だったんだけれど、何しろお肉が良いから十分ジューシーで柔らかい。

そしてメインは山のパエリア
e0112086_16591632.jpg
月曜日で魚介を揃えるのがちょっとたいへんだったんで・・・。
黄色いパプリカも買って彩りを良くするつもりだったのに、すっかり買い忘れた私・・・。
e0112086_16594064.jpg
でもお米はまだ残っているデルタ・エブロ(スペインの米作地帯)のarros Bomba:ボンバ米。
これが美味しい。

デザートはダブルチョコレート・プロフィトロール オレンジアイス添え
e0112086_1701332.jpg
ダブルチョコは中のトリュフクリームと上からかけたホットチョコレートソースってこと。

ところで彼のフィアンセが是非私に持っていってと預けてくれたのが・・・
e0112086_6132466.jpg
メキシコ食材の数々。
チップスはこの他にもいろんな味のを持って来てくれたらしいんだけれど、フライトの気圧差で爆発してたんだって!
[PR]

by sandonomeshi | 2010-08-30 23:41 | 夕飯 Abendessen


<< 爆弾コロッケ Bombe-Kr...      冷たい雨の中のハーフマラソン ... >>