三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 15日

粘り勝ち Gewonnen!

長らく読んでくださった皆様、ありがとうございます。ロンドン・スペインでの休暇の記録はこれで最後。ほんとに美味しいものいっぱい食べて、すばらしい景色をいっぱい眺めて、スーツケースも私達自身もパンパンに重たくなって(!)帰ってきました。
日々のおさんどんものぞきにいらしてくださいね。                             Sandonomeshi


5月15日(土) 


Tomoさんとお別れしてバルセロナに戻る。
e0112086_225843.jpg
行きとは別の角度からまたモンセラートを。
e0112086_22582796.jpg


さて、私達の休暇も今日まで。
帰りのフライトは夕方なので、ぎりぎりまで満喫しようとまずはちょっと買い物。

今回2足目の靴・・・
e0112086_22571524.jpg
じゃなくてまたサンダル。
ほんとはヒールのないのを探していたのに、10cmも背が高くなるサンダルのデザインが気に入ってしまい「まあ、とりあえず試してみよか・・・。」と履いてみたらなんとヒールの高さを感じさせない安定感。
さすがウエッジソール。
しかもヒール部分の材質に微妙なクッション感があってとっても心地よい。
早くサンダルの季節こないかな〜。


で、バルセロナで最後の食事。
当初の予定ではバルセロナ初日に行こうと思っていたのに、例のフライトのトラブルで行けず終いになってしまったお店。
e0112086_2333421.jpg
ここ、以前も行こうとしたらちょうど定休日かなにかで諦めざるを得なかったという因縁付き。
遠目からお店が開いているのが見えて「あ〜、三度目の正直。やっとここのタパスが試せる!でももうちょっと遅いし、今日はもう閉店とか言われたりして・・・。」とか冗談言いながらお店に近づくと、2組店の外に並んでいる。
まあ並ぶのは覚悟の上だったから気にせず私達も彼らの後ろで待とうとすると・・・
「今日お昼の営業はおしまい。夜は7時半からだから。」
ガ〜〜〜ン。

そんなことってある!?
やっと今日こそはと思ったのに!
「ダメダメ、私達夕方の飛行機でベルリンに帰るんだから夜は来れないのよ。」と頼み込む。
「ダメだって、もうこんな時間だろ。ここで切り付けないとどんどん遅くなる。」
過去2回、定休日や火山の灰のせいでダメになった話しもして「ビール1杯とタパス2種類だけでいいから。」と食い下がる。
「なんだったら近くのいいお店紹介するよ。」とまで言われ「いや、他に美味しいところなら別に紹介してもらわなくてもいくつも知っているのよ。他じゃなくてここがいいのよ・・・。」
それでも「ダメなものは、ダメ。」と言い捨てて奥に消えてしまったおにいちゃん。
ペーさんはちょっと弱気になり始めて「どうする? 他行く?」
でも諦めきれない私。

奥から戻って来たおにいちゃん、まだいるの?って顔しながら「紹介しようか?、他の店。」とトドメをさしてくる。
「だから他じゃなくて・・・。」
ここで負けてなるものかとお兄ちゃんの目をじっと見つめながら言ってみる。

「・・・、しょうがないな〜。ちょっと待ってて。」
「そうこなくっちゃ!!!」

そりゃ、むこうが定休日だったり、私自身バルセロナにいないなら「次回はリベンジ!」と思いながらも諦めがつくけれど、店も開いていてそこにいるのに目の前で「ここまで。」って言われて引き下がれませんよ!
しかもいつでも来れるところじゃないんだから。


前置きが長くなったけれど「ビール1杯とタパス2種類だけ。」なんて言ってたことはすっかり忘れて次々に注文。
e0112086_23151516.jpg
それに追い打ちかけるようにウエイターのおにいちゃんが「これでラストオーダーだから、食べたいものあったら全部注文してよね。」と。

ここのお店のコンセプトは、「クラシックなタパスを素材にこだわって高級料理のように作る」ってことらしい。
ポテトサラダ(スペインではロシア風サラダと呼ぶけれど)。
e0112086_23154027.jpg
忘れてはならないパン・コン・トマテ(トマトをすりつけたトーストパン)。
e0112086_23173126.jpg
マグロのたたき風。
e0112086_2316077.jpg
海老の丸ごとから揚げ。
e0112086_23162561.jpg
Morcilla:モルシーリャ(ブラッドソーセージの一種)とチーズを細〜いグリッシーニとバゲットの中間みたいのに挟んである。
e0112086_23194424.jpg
ビールを飲み干したら赤。
e0112086_2321759.jpg
これはchanquete:チャンケテと呼ばれる白魚のような稚魚をから揚げにしたもの。
e0112086_23201014.jpg
このままでも美味しくて私の大好物だけれど、ここでは半熟目玉焼きがのっかっていて、ぐちゃぐちゃ混ぜて食べろって。
e0112086_23204816.jpg
茄子のから揚げ さとうきびのシロップかけ。
e0112086_2323844.jpg
定番中の定番、patatas bravas:パタタス・ブラバス。
e0112086_23232865.jpg
ジャガイモの素揚げにマヨネーズとピリ辛ソース。

bomba:ボンバ。
e0112086_23234710.jpg
爆弾と言う意味のコロッケっぽい揚げ物。
e0112086_23241096.jpg
なんだか揚げ物が多かったけど、そのおかげでかなりの満足感。

それでもたのむデザート。
パイナップル好いてるペーさんは・・・
e0112086_23242847.jpg
ライムの皮を上からすりおろし、さとうきびのシロップをかけてある。
パイナップル自体も美味しいんだけれど、このライムとシロップっていうちょっと意外なトッピングがすごくいい仕事してる。

私はborracho:ボラチョ。
e0112086_23244569.jpg
酔っぱらいという意味。
ブリオッシュやスポンジケーキなんかにアルコールをしみ込ませたお菓子のことなんだけれど、これにはカスタードクリームみたいのがのっかっていてさらに砂糖がキャラメリゼされている。
ボラチョとクレマ・カタラナのドッキング?
e0112086_2325141.jpg
コーヒーはなぜだかイタリアン・・・。

最近はイマイチという噂も聞くこの人気タパス・バー。
自分で確かめなきゃ何とも言えないし、一応押さえておきたかったお店。
いろいろ工夫はされているし、決して美味しくないわけじゃないけれど、感動がないんだよね。
ポーションが小さいのでかなりの種類を食べられるけれど、その分「タパスをつまんだ」だけにしては結構かかってしまうし・・・。
スペインってその辺のバールに入っても、感動的に美味しいタパスに巡り会うことってあるしね。
機会があればまた来てもいいけれど、どうしてもここじゃなきゃってのは今回限りかな。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-05-15 20:56 | 外メシ ausser Haus


<< プランターの野菜 Salat ...      サガスの朝 der Morge... >>