2010年 02月 08日

カタツムリのパスタ die Schneckennudel

基本的に野菜大好きだし、レタスの類の葉野菜をぱりぱり食べるサラダも大好きなんだけれど、如何せんこのところのほとんど気温は零下などという気候ではあんまり食べたいと思わない。
でもサラダって手軽にできるし前菜としては重宝。
なんかいいアイデアないかな~と苦肉の策、ポテトとチョリソの温サラダ
e0112086_17342838.jpg
ミニじゃが芋は下茹でして半分に切りこんがり焼く。
チョリソも焼いてパプリカの香りを引き出す。

ポテトは甘味があって皮も香ばしくて美味しいし、チョリソのパンチある味ともよく合う。
ただコゴジョ(小型のロメインレタスみたいなの)を一緒にドレッシングで和えたのをベッドにしたんだけれど、ここはサラダ菜とかFeldsalad(間引き菜のようなドイツの冬の葉野菜。生で食べる)の方が良かったかな~とか思ったり。

で、メインは巨大ルマコーニのラムミンチ詰めオーブン焼き
e0112086_1735570.jpg
ルマコーニって大きなカタツムリってことみたいだけれど、今日使ったのはほんとにでっかい。
e0112086_17351853.jpg
一緒に写したのは普通のルマーケ(小さいタイプ)。

ルマコーニは一旦茹でてから椎茸とデーツトマト(椰子の実の形をしたプチトマト)と一緒に煮込んだラムミンチのソースを詰めてオーブンで焼く。
コンセプトはラザーニャと同じだけれど、ころんとしたルマコーニに詰めて・・・っていうのがポイントだね。
e0112086_17362759.jpg
ただパスタの端っこのソースに触れてない部分が焼けて硬くなるんだよね。
作る前から気にはなってたんだけれど、レシピには特に何も触れてないからとりあえず焼いてみたんだけど・・・。
これでいいのかな?

デザートは葡萄
e0112086_1736736.jpg
見かけは何となくまだ若そうで甘くないいんじゃ?って感じがしたから、ちゃんとぺーさんが一粒試して「おっ、これは甘い!美味しいよ。」って言うから買ってきたのに・・・酸っぱい!!!
う~ん・・・、甘いのもいくつかはあったんだけど、だからなおさら今度は甘いのに当るかな・・・って、でも「酸っぱい、酸っぱい・・・。」って言いながら結局二人で全部平らげた・・・。
それにしてもなんで同じ房でこうも違うんだろう?
[PR]

by sandonomeshi | 2010-02-08 23:29 | 夕飯 Abendessen


<< どういうご関係? Was fü...      “ヒロシマ” "Hi... >>