三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 14日

オープンエアーで“アイス・エイジ3” "Ice Age 3" beim Freiluftkino

こんな巨大茄子を買ってきた。
e0112086_18331397.jpg
たいていはトルコスーパーとかアジアスーパーで小振りの茄子を買うのだけれど、今日はどうしても茄子が欲しかったのにわざわざ買いに行く時間の余裕がなかったので仕方なく近くのスーパーで妥協。
この手の巨大茄子はアクが強すぎるというか、渋味があったりして美味しくないことがよくあるから、どうか“当たり”でありますようにと祈りながら買ってきたんだけれど・・・。
e0112086_18333169.jpg

作りたかったのはトルティージャ。
スペイン風オムレツとか言われるトルティージャ、じゃが芋で作ったのがポピュラーだけれど、本場ではじゃが芋を他の野菜にかえたのもよく見かける。
今日はじゃが芋の他に茄子、人参&セロリ、キドニービーンズ、そしてカタルーニャ風ほうれん草(レーズンと松の実入り)のトルティージャを作って五段重ねのトルティージャ・ケーキ。
e0112086_18335885.jpg
以前に三段重ねは作ったことあるけれど、やっぱり5段ともなると重なりがちょっといびつ。
ケーキのように切った断面図は・・・。
e0112086_18341687.jpg
肝心の茄子は上から2段目。
やや淡白な感じだけれど、その分渋味が全くなくていい。
まぁ“当たり”だね、これなら。

で、他にもあれやこれやを詰めてピクニックの準備完了。
e0112086_18343560.jpg
行き先はFriedrichshain:フリードリッヒスハイン(ベルリンの一地区)のFreiluftkino:フライルフトキノ(オープンエアー映画館)。
このところ日が短くなったのを感じるようになってきたけれど、空がほのかにオレンジ色に染まり始めてはいても8時でまだこのくらいは明るい。
e0112086_183503.jpg
ほとんど“森”みたいなフリードリッヒスハイン市民公園を突っ切って映画館の入口へ。
e0112086_18351546.jpg
待ち合わせしていたロサとジョンは既に長くなった入場券売り場の列の前方に。
スペインでの休暇から戻ったばかりの彼ら、こんがりといい色に焼けている。

上演30分前に入場し席を確保したら早速ピクニックを広げる。
e0112086_18353533.jpg
一応料理は私担当で飲み物とデザートはロサ担当。
でもロサは私がお気に入りのスペイン風ポテトサラダをわざわざ作ってきてくれた。
e0112086_18355240.jpg
私が準備したのは・・・
e0112086_18364193.jpg
ピエル・デ・サポ(スペイン産のメロンの品種名)とセラーノ生ハム
スペインから帰ってきたばかりの人にどうなのよ・・・って感じだけれど。
e0112086_18382278.jpg
タコの赤ワイン煮
タコはやわらかくていいけれど、ギリシャ料理のレシピ本見て作ったらちょっとビネガーがきき過ぎのような・・・。
e0112086_1838399.jpg
ブラウンマッシュルームのローズマリー風味炒め
e0112086_18385519.jpg
ツナ缶のブニュエロス(揚げ団子)ズッキーニと山羊チーズのパンケーキ
スペインではタパスのブニュエロスといえばバカラオ(鱈の一種)のすり身で作るのがポピュラー。
本当は熱々が美味しいんだけれど・・・。
パンケーキはこの間作ったばかりだけれど、かなり美味しかったしツァツィキを添えてもう一度食べたくて・・・。

そして五段重ねトルティージャ・ケーキ
e0112086_18393165.jpg
一人分ずつ切り分けてアルミホイルで包んでおいた。

彼らが持ってきてくれたChianti:キャンティ(トスカーナ産の赤ワイン)を片手にヴァカンスの話なんかを聞いていたら・・・コマーシャルと予告編が始まった。
e0112086_18395212.jpg
ピクニックを片付けて映画を見る体制を整える。
e0112086_1840724.jpg


映画はといえば・・・“Ice Age 3”(邦題:アイス・エイジ3)。

アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの

アニメにはあんまり興味のない私だけれど、これはいいよ。
たまたまテレビでやってた最初の“アイスエイジ”を観てfall in love!
登場人物(動物)それぞれの個性豊かなキャラクターが良くって、でまたその表情や動きもすごく丁寧に表現されている。

なんといってもリスのスクラット!
e0112086_19252191.jpg
セリフもなく、ストーリー上は脇役なのにその存在感抜群。
しかも彼が追っかけてる“どんぐり”までちゃんと感情があったりする。
ロサのご両親(多分50歳代でしょ)なんかは二人して映画館に観に行かれたそうだから・・・。
子供向け夏休み映画ではあるけれど、大人も十分楽しめるエンターテイナーな作品。
因みに私達がみたドイツ語吹き替え版ではナマケモノのシドの声をOtto:オットーというドイツのマルチタレントがやっていて、これがまた良い。
日本語吹き替え版もなかなか豪華キャストみたいだね。


[PR]

by sandonomeshi | 2009-08-14 23:59 | その他 u.a.


<< 夏休み Sommerurlaub      涼しくてもアイス ein bi... >>