三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 19日

女三人のコペン:チボリとスパニッシュな夕べ drei Frauen in Kopenhagen:Tivoli und spanischer Abend


6月19日(金) 一日目


突然だけれど・・・
e0112086_18535857.jpg
やってきましたコペンハーゲン。

友達というか・・・仕事してた頃の業界の先輩が数ヶ月前に東京からコペンハーゲンにお引越し。
で、このブログに度々登場しているハンブルグに住む友人ジルケ、実はその先輩に紹介してもらったっていういきさつ。
そんなもんだからジルケと「こんなに近くに来たんだから二人して訪ねていかなきゃ!」

ハンブルからのジルケは列車で、私はベルリンから直行飛行機で。

着陸体制に入った頃、窓からコペンハーゲンとスウェーデンのマルメ市を結ぶエーレスンド橋がきれいにくっきり見えたんだけれど、通路側の席だった私は上手く写真を撮れず終い。
e0112086_18542771.jpg
                                         ウィキペディアから転載 

先輩に教えてもらった通り空港をてくてくと突っ切ってMetro:メトロ(地下鉄)駅に向かう。
途中鉄道駅を通り過ぎ「あれっ、行き止まり?」と思ったところが地下鉄の駅・・・というよりホームに直結。
キップ販売機がポツンと2台だけ。
やっぱり今コペンハーゲンに着きました・・・という風な外国人観光客の人たちが機械と悪戦苦闘している。
これってちょっと不親切?とか思いながら私の番。

機械はデンマーク・クローネ(デンマークはユーロではない!)のコインとクレジットカードあるいはデビットカードしか受けつけない。(紙幣はダメってこと)
既に空港内でクローネに両替はしていてコインも多少あったけれど、先輩にアドバイスもらったKlippekort(クリッペカード。10回綴り券。130クローネ)を買うには不十分。
じゃあ、とクレジットカードを差し込むと「ピン・ナンバー(暗証番号)を入力してください」
・・・。
普段ドイツで使っているときはサイン決済でピン・ナンバーなんて使ったことないからそんなの憶えてない!
ならば・・・デビットカード。
はぁ~、OK。

e0112086_1975317.jpg
無人運転のモダンな地下鉄に乗り込み、先に着いているはずのジルケと共に迎えに来てくださることになっているKongens Nytorv:コンゲンス・ニュートーまで。

地上に出で先輩宅に向かって歩き出した時、私達のすぐ脇に止まったマイクロバスから降りてきた衛兵のおにいちゃん。
思わず一緒に記念撮影。
e0112086_1856084.jpg
あ~、観光客してるわ~。

今日から2泊お世話になる先輩宅に荷物を置いて暫し休憩したら、早速世界最古の遊園地(らしい)Tivoli:チボリ公園へ。
e0112086_18563158.jpg
年間カードをお持ちの先輩と一緒にチケット売り場はスルー!
e0112086_18565818.jpg
いきなりチャイニーズの世界?(正面入り口ではなく、いくつかあるらしいゲートから入場)

e0112086_18572486.jpg
こんな恐ろしい遊具もあるかと思えば・・・
e0112086_18574482.jpg
子供たちも楽しめるソフト(?)な遊具も・・・。
e0112086_1858685.jpg
私達が出かける前に通り雨が結構降ったので、緑が濡れていて鮮やか。
e0112086_18582767.jpg

カラフルなキャンディー屋さん。
e0112086_1858576.jpg
園内でビールを売り歩いているおにいちゃん。
e0112086_18591771.jpg
高い所やスピードは苦手な私達三人。
e0112086_18595870.jpg
何にも乗らずに園内をぐるっと散歩しただけだけれど、それでも十分楽しめる。
e0112086_1902133.jpg


青空と黒~い怪しげな雲が混在している空だったけれど、何とか降られずにチボリを出て夕飯。
先輩のお気に入りスペイン料理のレストラン、Pinxos。
久しぶりに会った友達同士、女三人。
そこに初めてお会いする先輩の旦那さんもジョインされて、話が盛り上がらない訳がない。

一応このブログ、テーマは”食”なんだけれど、最初のタパスと・・・
e0112086_1911119.jpg
最後のデザートしか写真がない。
でもさすがエンゲル係数が超高いとおっしゃるグルメな先輩ご夫婦のお気に入り、コペンハーゲンでスペインの味を楽しめるとは思わなかった。
特に写真のメルルーサのフリッターなんか白身がふわふわで旨!。
・・・で、写真はあるけど食べかけ状態だったのでアップは割愛のクレマ・カタラナ(カタルーニャ風クリーム)。
これがまた卵とレモンピールとシナモンの味がちゃんとハモってて、素朴なんだけれど絶妙な美味しさ。

因みにタパスとデザートの間にはバレンシア風パエジャをしっかりいただいている。
ソムリエのエドさんが選んでくれたCampo de Borja:カンポ・デ・ボルハ(原産地呼称制度の一地方)のワインも、初めてだったけれど美味しかったし・・・。

先輩ご夫婦にしっかりご馳走になってしまった。
明日、明後日もよろしくお願いしま~す。
[PR]

by sandonomeshi | 2009-06-19 23:47 | 外メシ ausser Haus


<< 女三人のコペンハーゲン:衛兵交...      三段重ねトルティージャ Dre... >>