三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 15日

ひしゃげ桃 Plattpfirsich

農作物の季節感が薄れてきている昨今。
それでもドイツでは春が近づいてくるとルバーブやイチゴに始まって、この時期限定の果物たちが店頭にお目見えする。

なかでも楽しみにしているのが・・・
e0112086_15593225.jpg
ひしゃげ桃
あっ、でも”ひしゃげ桃”とは私が勝手に呼んでいるだけで、ドイツではBergpfirsich(山の桃)、Weinbergpfirsich(ワイン山の桃)、あるいはPlattpfirsich(平らな桃)とか呼ばれていて、多分フランスとかスペイン産。
日本で”西遊記”に登場する”不老長寿の桃 蟠桃(ばんとう)”と言われるものと同じ種みたい。
数年前はとってもお高くてなかなか手が出なかったけれど、去年あたりブレイクして、値段もお手ごろに。

黄桃が殆んどのこちらでは珍しく白桃。
やさしい甘さでなんともいえず美味しい。
e0112086_1603077.jpg
丁寧にむいていただきま~す。


で、桃はデザートであって、もちろん夕飯もしっかり食べている。
韓国風ステーキ
e0112086_162211.jpg
ベランダ育ちのチマサンチェ(サンチュ)に包んで。
e0112086_1623411.jpg

韓国風の流れでジョン(チヂミ)。
人参のジョンと・・・
e0112086_16162220.jpg
葱と桜海老のジョン
e0112086_16163870.jpg
今日は試しに小麦粉にもち粉と里芋(まがい)のすりおろしも混ぜ込んで生地をつくってみたら、これがもっちりして美味しい。
チョカンジャン(韓国風酢醤油)をつけて。
e0112086_1634216.jpg

あとは蕪のスープ
e0112086_164763.jpg
牛肉でとった出汁で。
[PR]

by sandonomeshi | 2009-06-15 23:57 | 夕飯 Abendessen


<< 赤い苺の花 rote Erdb...      アーティチョークの季節 die... >>